生活の基盤はお金

お金に生活や暮らしを縛られたくはありませんが、

 

どうしても現代社会ではお金がなければ暮らしていくことはできません

 

たいていの場合は、貸すよりも借りる場合が多いのが現状です。

 

どっちにしても借りなければならないのですから、

 

賢く借りて、無駄な利息は払わないようにしたいところですね。

 

上手く使えば、ポイントやキャッシュバックでお得になる事もあるはずです。

 

債務が増えてしまったら、節約や収入を増やして早く返済することも考える必要もあります。

総量規制からくる現代の個人向けマネー事情

当時はかなりあわてた人もおおかったでしょう。

 

お金が借りられなくなったことで初めて総量規制というものを知った人もいたと思います。

 

でも勘違いも多いようで、年収に3分の1しか借りられなくなるといっても、それは、消費者金融などの貸金業だけで、銀行ローンカードやクレジットカードでの借金もできなくなるわけではありませんし。

 

一般消費者がたいてい利用する住宅ローンなどはその規制の3分の1までの借金には計算上入れられません。

 

つまりよくある、便利なキッシング系、ネットキッシングとか、無利息キッシングとか、消費者金融での話で、同じ無利息キッシングである銀行のノーローンなどといった商品は入りません。

 

但しノンバンクで借りても総量規制の例外となる物もあります。

 

ビジネスローンなどの事業資金となる融資は、個人が対象でも、この規制の適用外です。

 

これまでのノンバンク並みの利便性を備えたカードローンで、キャッシングをしたい 個人向けの需要を取りこもうとしています。

 

盛んにCMなどでカードローンの宣伝をする銀行も出ていますし、個人向けの融資に力を入れています。

 

消費者としては、間ノンバンクよりも金利が低く、同程度の使い勝手がある銀行のカードローンは便利だと思います。

 

ただ、ノンバンクよりは審査は厳しくなるので、専業主婦などが作れるカードローンはそうはありませんけれど。

 

やはり銀行のカードローンは、正社員かそれに近い安定した収入がある人でないと簡単には審査には通らないのが現状です。

 

それでも金利の高い消費者金融のカードで借りているのであれば、銀行のカードで借り換えに挑戦してみる価値はあります。

 

こちらに借り換えおすすめのカードローンについての詳しい情報がありました。

 

借り換えについてはこちらを参考にするといいと思います。

 

色々な種類の借り換えについての情報があり役立ちます。

人見知りでもお金が借りられる方法

直接対面してお金は借りにくいという場合は無人契約機があります。

 

消費者金融系のキャッシングをしたことがある人にしか分からない「無人の契約機」というもの。

 

それに近いものとして銀行のテレビ電話のような契約機も一部ありますが。

 

普通は、クレジットカードを持っているのが普通ですので、ちょっと現金が足りないというとき、クレジットカードでキャッシングするでしょうから、

 

消費者金融のキャッシングを利用したこともないという人にとっては、よく目にはするけれど、どんなものだろうというのが無人契約機。

 

>私もそうだったので、なんとなく、気になって、聞いてみると・・・・無人といっても、その場所に人がいないというだけで、通信で、人が管理していて、その人に契約書を送って、審査してもらう施設ということらしいです。

 

つまり誰にも、生の人には合わないですが、通信でやり取りするし、相手には画像で見られているのだそうです。

 

その場で、契約して、審査して、カードをもらってキャッシングできるという仕組みらしいですが、結構時間はかかるようで、書類作成や審査などで1時間ぐらいかかるそうです。

 

前に使っている人がいれば、待つことになりますから、結構時間はかかるようですね。

 

ネットキャッシングといってネットで自分の口座に振込で借りる方法もあるります。

ページの先頭へ戻る