個人年金保険に注目

自分が年金をもらう歳になった時に本当に年金はもらえるのか不安を抱えている人がたくさんいます。
その中で、個人年金保険が注目を集めています。

個人年金保険とは契約者が積み立てたお金を、将来年金として支払ってくれるものです。
年金の受け取り方は種類によって異なります。

個人年金保険には終身年金・確定年金・有期年金の3つのタイプがあります。

生死に関わらず年金が受け取れるものや死んでしまうと年金が打ち切りになるものなどがあります。
個人年金保険に加入するのであれば、生死に関わらず受け取れる確定年金がよいでしょう。

ただし、この保険はかなり低利率で利回りが悪いと言われています。
節約して貯蓄している方には少しでも増えてかえってくるのでよいかもしれませんが、資産運用の出来る方には保険に入るより運用した方が利率が高くなります。


もし、個人年金保険に加入するのであれば、注意する点があります。
まずは医療特約をつけないことです。医療特約は60歳の払い込みが終わると同時に特約がなくなってしまうので、あまりメリットがありません。
そこは節約してしまいましょう。個人年金とは別に医療保険に単品で加入した方が戻り率がよくなります。

また、10年確定を選ぶことも大事です。生死に関わらず、保険金の受取を10年に確定します。
このタイプは条件を満たすことで、個人年金保険料の控除を受けれ、さらには毎年の還付金も生じます。

ちなみに若ければ若いほど、戻り率が高くなるので、加入するなら早めの方がいいでしょう。
ページの先頭へ戻る