借り換えのチャンス

ゼロ金利時代以降で最大の低金利のチャンスで、ローンを組むのにはいいのですが、ここは借り換えのチャンスとしてもとらえられます。

 

金利は上がりだしたら一気に上がってきますからね。

 

特に大口ローンを組んでいる方は、借り換えで、毎月の返済額が減る、または総支払額が減るかもしれません。

 

住宅ローンや事業ローンなどまだ何年か返済期間が残っているならば、借り換えでかなりお得になるかもしれませんよ。

ローン保証料、借り換え手数料などがかかる場合もありますので、金利差にもよりますが、毎月の返済額が減れば、減った分を貯めて繰り上げ返済も考えられますね。

 

住宅ローン借り換えなど、金利の高いときの契約であったならば、残り5年、10年または、それ以上有る場合でも、借り換えのチャンスとも言えます。

 

住宅ローン借り換え商品などもたくさんでていて、担保割れ住宅ローン借り換えも可能です。

 

複数借りている人は、より低い金利の大口ローンに一本化して返済するという方法も得策かもしれません。

 

フラット35に対応借り換え住宅ローンも出ていますので、フラット35で35年めいっぱいで住宅ローンを組んでいる人も、金利差によっては返済額が軽減されるかもしれません。

 

何もかも値上がりしていて、家計を直撃していますが、借り換えで毎月の返済額が減ればずいぶんと楽になるのではないかとおもいますので、節約したいところです。

ページの先頭へ戻る