リフォームや建て替え

今の日本の家は、リフォームや立て替えをしなければ、30年40年と暮らして行くには困難です。

最近になってようやく、一軒家でも、50年や100年を考えて建築になりましたが、多くの家は耐震性に問題があったり、もって30年程度だったりしますので、そろそろそのような時期を迎えている家もおおいでしょう。

建て替えとなると相当の費用がかかりますので、このご時世そのような資金がない場合もあると思います。

幸い、経済危機で、住宅ローン減税も大規模に行われることがありますので、そのてんは期待したいところですね。
また、太陽光発電を備えた、オール電化住宅への補助金も復活しましたので、長い目でみたコストを考えると、オール電化住宅へのリフォームというのもいいのではないかと思います。

そして、多少余分に経費がかかっても、永く住める家、子世代まで生涯を過ごせる家、100年200年住宅にするようなことを考えた方が、長い目でみれば、節約につながるのではないかとも思います。
ページの先頭へ戻る